当サイトでは、滋賀、京都、大阪を中心に子どもの遊び場をまとめています。

冬でもお出かけ!子どもの遊び場アイデア24選

冬におすすめのお出かけスポット!

外は寒くても、子どもたちは家の中だけだとストレスがたまりがち。

そんな子どもさんや親御さんにお届けする冬のお出かけスポットのアイデアです。

さあ、寒さに負けず、この冬を親子で満喫しましょう!

①スキー場で雪遊び

(画像:奥伊吹スキー場へ行ってきた!

まずは冬の定番スキー場。

スキーやスノボはお金がかかるし、用具やウェアも持っていない。

そんな方におすすめなのは雪遊び。

多くのスキー場では最寄り駅から送迎バスも出ているので、雪道が苦手な人、ノーマルタイヤしか持っていない人でも大丈夫。

ソリすべりだけならリフト代も不要ですし、衣装も普段着で大丈夫です。

②スケート場

(画像:滋賀県立アイスアリーナへ行ってきた!

アイスアリーナも冬におすすめのお出かけスポットです。

ダウンジャケットと手袋だけで楽しめる施設です。

初心者教室や、ソリの貸し出しなどを行っているところもあるので、スケート経験がなくても楽しめます。

③イルミネーション見学

(画像:京都イルミエールへ行ってきた!

冬と言えば、イルミネーション!

幻想的な光景を見たら、寒さもどこかへ吹っ飛びますね。

イルミを見ながら街をぶらぶら散歩するのも楽しいです。

④木工体験

(画像:近江富士花緑公園ウッディルームへ行ってきた!

寒い時期こそ、屋内でいろいろな体験を楽しみしましょう。

比較的安くて長時間楽しめるものの一つが木工体験。

ウッディルームなどに行けば数百円くらいからとリーズナブル。

⑤陶芸体験

(画像:「陶芸道場ろくろにチャレンジ」へ行ってきた!

自分で作ったお皿や置き物などは、たとえ形が少しゆがんでいても愛着が持てるもの。

本格的なろくろ体験もいいですが、小さな子どもさんの場合、手びねりの方が簡単かもしれません。

⑥長い階段の寺や神社

(画像:長命寺へ行ってきた!

冬のお出かけにぴったりなのが、長い階段のお寺や神社。

中には1000段近いところも。

外は寒くても体がポカポカ温まるのは間違いなしです。

⑦水族館

(画像:海遊館へ行ってきた!

寒さを気にせずゆっくり鑑賞するのに、水族館は最適!

魚との触れ合いなどができる水族館も多く、子どもたちでも十分に楽しめます。

動物や生き物を眺めるのは心も和みますしね。

⑧ラジコンカー

(画像:クレフィール湖東「こども交通公園」へ行ってきた!

交通公園やショッピングセンターの一部では、ラジコンカーの運転を楽しめるところがあります。

運転する時の子どもの顔は真剣そのもの。

建物や他の車とぶつかっても、それはそれで楽しいものです。

⑨卓球

(画像:ACTエースレーン草津で卓球をしてきた!

ボーリング場やカラオケ、ゲームセンターの一角などによくあるのが卓球場。

卓球をすると親子の距離がグッと縮まる気がします。

幼児さんにはちょっと難しいかもしれませんが、小学生以上の子どもさんなら親子で楽しめること間違いなしです。

⑩プラネタリウム

(画像:京都市青少年科学センターへ行ってきた!

時々出かけたくなるのがプラネタリウム。

最近では、アニメキャラも登場したり、映画を楽しめるところも多くなってきました。

幻想的な光景にうっとりします。

⑪交通科学館・鉄道博物館

(画像:京都鉄道博物館へ行ってきた!

鉄道博物館や交通科学館も楽しいお出かけスポットです。

乗り物好きでなくても、シュミレーションゲームや、ジオラマ、プレイルームなどで楽しめます。

新幹線や特急の運転席から眺める景色はどんな感じかな?

⑫小物作り

(画像:ローザンベリー多和田へ行ってきた!

女の子が特に喜ぶのは小物作り。

最近では手芸品店の一角でも体験教室をやっておられるところが増えてきました。

手ぶらで出かけて、その日のうちに作品を持って帰れるのはいいですね。

⑬キャンプ場で物づくり体験

(画像:グリム冒険の森)

お出かけスポットで意外と盲点なのがキャンプ場。

多くのキャンプ場では、様々なアクティビティーが用意されています。

木工や小物づくりなども、予約なしで楽しめるところが多いです。

⑭山登り

(画像:三上山(近江富士)へ行ってきた!

冬でも山登りは意外と人気があります。

外歩きでありながら、体力を結構使うのでポカポカ温まるからですね。

山頂の展望台から眺める景色が最高です。

⑮ガラス細工

(画像:黒壁スクエアへ行ってきた!

ガラス製品の物づくり体験も楽しいです。

サンドブラストなど、子どもでも簡単に体験できる物も意外と多いです。

⑯歴史博物館で物づくり

(画像:銅鐸博物館へ行ってきた!

歴史博物館でも場所によっては、様々なアクティビティーが用意されています。

私の地元でも、勾玉づくりや埴輪づくりなどを行っている博物館があります。

歴史にこだわった小物作りというのも味わい深いです。

⑰科学館

(画像:京都市青少年科学センターへ行ってきた!

各地の科学館がパワーアップしてきているのをご存知でしたか?

科学館は展示型から体験型へと変わりつつあります。

体を動かしながら学んだり、サイエンス実演や、物づくり体験など、内容が多彩になりつつあります。

⑱猫カフェ

(画像:京都ひょう猫の森へ行ってきた!

やはり猫との触れ合いは心和みますね。

ネコカフェが今また、静かなブームになりつつあります。

殺処分される前の捨て猫を救い、カフェにしているところも増えてきています。

⑲屋内動物園

(画像:めっちゃさわれる動物園へ行ってきた!

屋外の動物園は冬の時期ちょっと寒いですが、屋内であれば安心。

ウサギやモルモットなどの小動物と触れ合えるところもあります。

⑳美術館

(画像:佐川美術館へ行ってきた!

美術館も今、進化しつつあります。

光のアートやデジタル技術などを取り入れた美術館はファミリーに大人気。

特に、学校の休み期間に合わせて子ども向け企画をしていることが多いので要チェックです。

㉑健康ランドでマンガや演劇鑑賞

(画像:ニューびわこ健康サマーランドへ行ってきた!

全国各地で、ファミリーでも楽しめる日帰り温浴施設が増えつつあります。

単にお風呂に入るだけではなく、マンガの読み放題や、大衆演劇、子供向けプレイルームなどを完備しているところもあります。

1日楽しんでも、帰宅後お風呂に入らなくて済むのはありがたいですね。

㉒図書館

図書館も今、変わりつつある施設の一つです。

宿題をするのに利用できるスペースや、本をゆっくり読めるソファーが置かれていたり、地域のボランティアの方たちの協力も得たりしながら、様々なイベントを実施しているところが増えてきています。

㉓ショッピングセンター子どもの遊び場

(画像:西武大津店「育ママセンター」へ行ってきた!

一部の百貨店やショッピングセンターでは、子どもたちが無料で遊べる遊戯コーナーを設けています。

小さい子どもは買い物の途中で機嫌が悪くなりやすいので、商業施設に子どもの遊び場があるのはうれしいことです。

㉔自宅を遊び場に室内遊び

(画像:子どもと室内遊び!手作りゲーム10選

子どもにとっては自宅も遊び場です。

家の中にあるものや、100均グッズを使った手作りゲームをまとめてみました。

ちょっと風邪気味で外に出かけられないような日にも利用してください。

子どもの遊び場広域の最新記事8件