当サイトでは、滋賀、京都、大阪を中心に子どもの遊び場をまとめています。

ふせんを使ってビー玉迷路を作ろう!

ビー玉迷路の準備物は?

・菓子箱
・スーパーボール
・カッター
・木工用ボンド
・ふせん

作り方は?

ビー玉は小さな子には危ないので、その代わりに100均のスーパーボールを使います。

仕切りに利用したアイテムはダイソーの「蛍光色ふせん」(7.5センチ角、4色320枚入)です。

ふせんを使うと簡単に仕切りができる!

最初にふせんを1枚はがし、お箸などの端にのり部分をくっつけてからクルクルと巻きます。

最後にスティックのりでのり付けをし、お箸を抜きます。

ふせんののりは弱いので簡単にスポッと抜けます。

このような筒が完成します。

これがビー玉迷路の仕切りになります。

この紙の筒を作るのは時間がかかりそうに思えますが、実際にやってみると1分で3~4本は作れます。

この筒を適当な本数用意しておきます。

ビー玉迷路の作り方は?

まず菓子箱の端を木工用ボンドでしっかりくっつけます。

上記で用意した紙筒を仮置きし、コースを考えます。

ボールが通るだけの間隔は開けてください。

紙筒をハサミで切って短くすることもできます。

コースづくりができたら、1本ずつ木工用ボンドで貼り付けていきます。

どんどん貼り付けていきます。木工用ボンドを使えば一瞬でくっつきます。

あっという間に下の画像のように出来上がります。

カッターナイフで切り抜く作業は意外と難しい!

上記で説明したところまでは小さな子でも簡単に行なえます。

ただし、穴をカッターナイフでくり抜く時だけは大人がした方が安全です。

切りやすくするため、適当にサインペンで線をかきました。

スーパーボールが落ちる大きさになっているか確かめてください。

ついに完成です!

ビー玉迷路は定番の遊びながら、やはり楽しいです。


関連記事

子どもにとっては自宅も遊び場! あちこち出かけるのも楽しいですが、子どもにとっては自宅も遊び場! ここでは、家の中にあるものや100均ショップの材料を使い、簡単に作れるゲームを集めてみました。 たまには親子でのんびり、室内[…]