MENU
小学生や幼児のための室内遊びと工作のアイデア30選 記事を読む

100均アイテムで紙相撲(トントン相撲)の土俵を作ろう!

2018 12/16
目次

準備物は?

・ダイソーの紙皿「エコプレート約23cm」
・コンパス(あれば)
・定規
・鉛筆(※シャーペンでも可)
・ペン
・折り紙

[adcode]

土俵には100均の紙皿が便利!

子どもたちの遊びの定番と言えば紙相撲(とんとん相撲)。ところが、土俵を作るのって意外と面倒ではありませんか?

その上、子どもには力の加減が難しいため、せっかく作った土俵もすぐ壊れてしまいがち。

そこで土俵を作るのに何かいいものがないかと探してきました。

あれこれ試してみて土俵として一番使いやすかったのが、100均ダイソーの「エコプレート約23cm」。

通常の紙皿よりも厚みがあるため頑丈です。しかも12枚入なのでお得ですね。

作り方は?

最初にコンパスを使い、紙皿の中心点を求めます。

コンパスがなければ適当に真ん中へ点を打ってください(笑)

中心点から1.5センチ離れた点を2つ書きます。

続いて、下図のような6センチの線を2本描きます。

最後に、サインペンで線を太く描き、鉛筆の跡を消せば出来上がり!

なお、お相撲さんの作り方については[おりがみくらぶ]などを参照してください。

遊び方は?

遊び方については、特に説明しなくても大丈夫ですね?

お相撲さんを土俵の線より後ろに置き、紙皿をトントンと叩きます。

土俵から落ちるか、土俵の上で倒れた人が負けです。

「エコプレート約23cm」で作った土俵だと、小さな子が強めに叩いても弱めに叩いても適度な振動になるので、親子の遊びにもピッタリです。

[adcode]


[sitecard subtitle=関連記事 url=”https://asobiba.org/archives/894″]

この記事を書いた人

目次
閉じる