当サイトでは、滋賀、京都、大阪を中心に子どもの遊び場をまとめています。

希望が丘文化公園へ行ってきた! 本格アスレチック、すべり台、トランポリン、川遊びが楽しめる!

2016年10月2日に情報更新
2016年3月5日に出かけてきました。

(基本データ)
名称:希望が丘文化公園(きぼうがおかぶんかこうえん)
住所:滋賀県蒲生郡竜王町薬師1178
TEL:077-586-2111
営業時間:9時~17時(5~8月は7時~18時)
休園日:
10月~2月の月曜日(月曜日が休日の場合は翌日)と年末年始
(10月・11月はスポーツゾーン(西ゲート)のみ部分開園)
入園料:無料
駐車場:1日500円
所要時間の目安:120~300分

滋賀県希望が丘文化公園公式HP

アクセス

希望が丘文化公園へのアクセスは?

希望ヶ丘文化公園はとてつもなく広い公園です。

各ゾーンには、次のような施設があります。

[memo title=”各ゾーンの主な施設”]

スポーツゾーン(西ゲート):各種スポーツ施設、芝生ランド、フィールドアスレチック、こども広場、トランポリン・すべり台

文化ゾーン(南ゲート):青年の城、多目的広場

野外活動ゾーン(東ゲート):キャンプ場、ロッジ

日帰りで子どもと遊ぶ場合は、カーナビで西ゲートを目指してください。

かなり広大な駐車場なので、ここが満杯になることはまずないと思います。

駐車場代は、1日500円です。

なお、トイレは公園内のあちこちにあります。

基本的に和式トイレですが、洋式の多目的トイレもあるので子連れでも安心です。

芝生ランドでのんびり

こちらは芝生ランド。

とにかく広大な芝生エリアなので、バドミントンでもボール遊びでも伸び伸びと楽しめます。

スポーツ会館では、レンタサイクルもあります。

大人用の自転車の他、幼児用の玉付き自転車もあります。

レンタサイクルの料金は2時間以内で大人480円、子ども240円です。

こちらは子ども広場。西ゲート近くにある幼児向けの遊び場です。

子どもを遊ばせながらのんびりお弁当を広げるのにも良さそうです。

夏は川遊びが楽しめる!

芝生ランドの横には、家棟川(やなむねがわ)が流れています。

5~10センチくらいの小川なので、乳幼児が遊ぶのにちょうど良い水深です。

夏休み期間中は、散水シャワーによる水浴びも楽しめます。

11時から15時まで30分毎に各回7分間散水が行われています。

髪の毛も、結構しっとり濡れます。

未就学の子どもにはいいかもしれませんが、小学生低学年以上の子どもにはちょっと物足りない感じです。

巨大トランポリンと巨大すべり台は大迫力!

芝生広場の奥に、巨大すべり台や巨大トランポリン方面へ向かう道があります。

坂道をしばらく登っていくと、トランポリンが現れます。

ロープの壁をのぼると新たなトランポリンが。

トランポリンの先には、巨大なすべり台があります。

すべり台のてっぺんへたどりつくまでに難関が立ちはだかります。

アスレチックが難しい子どもは階段を使って登ってください。

へとへとになってたどりつくと、一気に滑り降ります。

山の斜面を利用したロングすべり台です。

これはスリリング!

フィールドアスレチックが本格的!

フィールドアスレチックに関しては有料になります。

大人700円、小中学生350円、3歳以上250円です。

大人1名+小中学生1名840円、大人1名+幼児1名760円のファミリー割引もあります。

入口横には自動販売機もありました。

フィールドアスレチック内にはトイレがないので、入口手前のトイレを利用してください。洋式(和式もあり)の水洗トイレです。

また、受付時間は15時半までなのでご注意を!

フィールドアスレチックの全体はこんな感じです。かなり本格的なコースです。

全コースを終えるのに、1時間半から2時間くらいはかかります。

いよいよスタートです。

最初は楽勝ですが、徐々に難易度が上がり、体力を消耗していきます。

ついに最後の関門まで来ました。

フィールドアスレチック内には、「お城ジャングル」なるものもあります。

ここだけでも、ずいぶん遊べそうです。

「お城のジャングル」の奥には、幼児向けのアスレチックコースもありました。

アスレチックの料金、高いなあと最初は思いましたが、行ってみると納得のお値段。

親子でいい汗がかけます。


関連記事

私が実際に出かけた子どもの遊び場を、おすすめ順にまとめてみました。 このページから各スポットの詳細記事に飛ぶこともできますので、お出かけの際の参考にしてください。 [adcode] 1位*びわ湖こどもの国 […]