MENU
小学生や幼児のための室内遊びと工作のアイデア30選 記事を読む

京都市動物園へ行ってきた!

2019 1/19

2018年11月10日情報更新。
2015年9月26日に出かけてきました。

[adcode]

名称:京都市動物園(きょうとしどうぶつえん)
住所:京都市左京区岡崎法勝寺町 岡崎公園内
TEL: 075-771-0210
開園時間:
3月~11月の期間 AM9:00~PM5:00
12月~2月の期間 AM9:00~PM4:30
休園日:
月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌平日)
年末年始(12月28日~1月1日)
※1月2日又は3日が月曜の場合は開園し,4日が休みとなります。
料金:一般600円、中学生以下:無料
駐車場:近辺パーキング2時間1,000円程度
所要時間の目安:120~180分

京都市動物園公式HP

アクセス

[adcode]

目次

割引・クーポン券の情報

地下鉄・バス一日券を使うと、大人600円の入場料が500円になります。

地下鉄・バス1日券のページ

動物園へのアクセスは?

近隣パーキングは2時間で約1,000円と高めなので、公共交通機関を利用するのが便利です。

地下鉄の場合、最寄りは「蹴上」駅になります。

改札口は1つしかありません。

改札を出た後、「出口1」から地上へ出ます。

出口1を出た後は、歩道に沿って坂を下っていきます。

右手にはインクラインがあります。

大通り(仁王門通)に沿ってさらにまっすぐ進んでいきます。

「南禅寺前」交差点を右折します。

「琵琶湖疏水記念館」の前を通っていきます。

「琵琶湖疏水記念館」の隣に、動物園の「東エントランス」があります。

園内はざっとこんな感じです。見にくいと思いますので、順を追って説明します。

[adcode]

ゾウの森

「東エントランス」側から紹介します。

ゾウ舎は広いエリアです。

ここにアジアゾウが暮らしています。

熱帯動物館

「ゾウの森」の前にあるのが「熱帯動物館」です。

施設の中へ入ります。

フタユビナマケモモノです。顔は見えませんでした。

こちらはホウシャガメ。独特の模様と形の甲羅です。

 

こちらは、ボアコンストリクターというヘビ。小型から中型の哺乳類や鳥類を食べるそうです。

カプセルのようなところから顔を出して、ヘビを間近に見られるコーナーもありました。

見たいような、見たくないような。。。

サルワールド

ゾウの森の近くにあるのが「サルワールド」です。

アカゲザルがたくさんいました。

サルは長く見ていても飽きませんね。

ゴリラは、険しい顔つきで寝そべっていました。

京都の森

「京都の森」は、「京都の豊かな自然を伝え、ヒトと野生動物の関わりが学べる」エリアです。

 

マガモです。その仕草や、クワッ、クワッという声が可愛いです。

こちらはホンドギツネ。

こちらはクマタカ。

もうじゅうワールド

「京都の森」と「正面エントランス」との間にあるのが「もうじゅうワールド」です。

ライオンは寝ていました。

トラは、頭上でノシノシと歩き回っていました。

[adcode]

アフリカの草原

正面エントランス近くにあるのが「アフリカ草原」です。

「アフリカの草原」エリアでは、木の歩道橋にのぼってみましょう。

上から動物たちを見下ろすことができます。

こんなアングルでキリンを見ることってないですよね。

ふれあい広場「おとぎの国」で動物とのふれあい体験!

無料で、ふれあい体験ができます。

小動物とふれあうこともできます。

それぞれ、ふれあいタイムが決まっているので、チェックしておきましょう。

ミニ遊園地でも楽しく遊べる!

動物園の中央はミニ遊園地になっています。

観覧車・汽車・ボート、いずれも1人200円です。

[adcode]

お弁当を食べる場所は?

原っぱはないので、レジャーシートを敷く場所はありません。

しかし園内のあちこちにベンチやテーブルがあり、お弁当を食べる場所には困らないでしょう。

おすすめは、「東エントランス」近くの休憩所です。

見晴らしもよく、屋根もあります。

園内の自販機の価格も良心的です。

こちらは東エントランス近くのフードメニュー。ランチ類も比較的安いですね。

[adcode]

幼児向きの遊び場

「アフリカの草原」前には、幼児向けの遊具が並んだエリアがあります。

こういうエリアは、ありがたいですね。

トイレ事情は?

 

園内のトイレ利用は、特に問題ありません。

施設も新しいです。

通常のトイレも洋式水洗でした。

多目的トイレも最新の設備でした。

[adcode]


[sitecard subtitle=関連記事 url=”https://asobiba.org/archives/315″]

この記事を書いた人

目次
閉じる